MBAのSerriaをクリーンインストールした時の手順メモ

自分用のメモ記事なので、参考程度にどうぞ。

環境

  • MacBookAir macOS Sierra 10.12.2
  • homebrew 1.1.5
  • homebrew-cask 1.1.5
  • mas 1.3.1
  • mackup 0.8.15

準備編

1. 必要なファイルを外部のストレージにコピー

  • homeディレクトリをそのままコピーしてしまえばある程度は安心
  • プッシュしていないGitプロジェクトはプロジェクトごとコピーしておけばブランチ構造ごとコピーできる
  • VirtualBoxのエクスポートツールでバックアップしてもいいし、面倒ならフォルダごとコピーして*.vboxファイルをあとでインポートすればOK

2. Dropboxをインストールし同期できるように設定しておく

  • インストール済みならばそれでOK

3. アプリの設定ファイルなどをバックアップ

$ brew install mackup
$ mackup backup
  • エクスポートしたファイル群はDropboxの共有フォルダにあるので、同期しておく
  • /Users/{ユーザー名}/Dropbox/Mackupが作られる

4. homebrwe, homebrew cask でコマンドでインストールしたアプリの一覧を取得する

$ cd ~/Dropbox/mac_backup
$ brew list >> brew_list.txt
$ brew cask list >> brew_cask_list.txt
  • Docker は別で再インストールしたほうがいい(Docker tool box)

5. AppStoreでからインストールしたアプリの一覧を取得する

$ cd ~/Dropbox/mac_backup
$ brew install mas
$ mas list >> mas_list.txt 

6. インストール一覧からシェルスクリプトを作る

macを引っ越す時にアプリを一括インストールするスクリプト

リストア編

1. xcodeをappstoreからインストール

2. xcodeを起動しxcode comand line toolをインストール

3. Homebrewをインストール

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

4. 1passwordをインストールする

$ brew cask install 1passwrod

  • caskは[brew cask]とコマンドを打つと気を利かせてhomebrewがインストールしてくれるので、自分でやる必要はない
  • 自分はiPhoneとも同期しているのでicloud同期で設定

5. Dropboxをインストールしファイルを同期する

$ brew cask install dropbox

6. mackupをインストールし、復元

$ brew install mackup $ mackup restore

7. 準備編(上記)で作ったシェルスクリプトを実行してbrew と cask系を一括インストール

$ cd /Users/{ユーザー名}/Dropbox/mac_backup
$ sudo sh brew-install-list.sh

8. atomエディタのアドオンと設定を復元

$ apm install atom-settings
[atom内のコマンドで(cmd+shift+p)] -> [sync-settings:restore]とタイプしEnter
  • apmコマンドが使えない場合は一度atomを起動し [Atom] -> [Install Shell Commands]を押しapmが使えるようにする。
  • 復元中に、gistのリストとパッケージの最新バージョンが違ったりすると警告が出るので、各自判断で手動ならインストールできます。
  • Settings > Packages を見るとatomの再起動が必要なパッケージはダウンロードされた時点で一時停止しているので、インストールを押してやればOKです。

9. Git系のセットアップ

  • gitはsourcetree内蔵ではなく、自分で入れたものを使っているのでbrew でインストール後Sourcetreeの設定でシステムのGitに切り替えます
  • GithubとBitbucketでログインする。2段階認証にどちらも対応してるのでアクセストークンをあれこれする必要はなく、IDとPWでログインして、携帯などで6桁の数字を確認して2段階認証しておきましょう
  • OuathかBasicで認証したりSSHキーを認証したりしておく。

後記

アプリのインストール管理はbrew-fileとやらでできるらしいので、もっと早く知りたかった。それと、1passwordってappstoreからだと7,800円するけど、caskなら試用版をメール認証なしでインストールできるっていう発見。