読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Dockerを触ってみたメモ(書きかけ)

よく使うコマンド集

  • Dockerイメージからコンテナを作成する $ docker create {image名}

    • コンテナの中にスナップショット1を作成
    • コンテナの起動はせず、あくまでコンテナを作るだけ。
  • Dockerイメージを起動する $ docker run {image名}

    • 結局 create してから start してるだけ
  • Dockerコンテナを起動する $ docker start

    • 既存のコンテナを起動するので、以前使っていたスナップショットを読み込む
  • 実行中のコンテナを終了する $ docker stop

    • スナップショットを作り直す(上書きする)
  • コンテナの一覧を見る

$ docker ps [-a]
  • 実行中のコンテナの一覧を取得する
  • aオプションをつけると作ったコンテナ全てを取得

  • イメージの一覧を取得 $ docker images

  • コンテナを削除する $ docker rm {コンテナを指定}

  • イメージを削除する $ docker rmi {イメージの指定}

Docker run オプション

$ docker run {オプション} {イメージの指定} {引数}
  • 基本
オプション(略) オプション 内容
-a --attach = [STDIN, STDOUT, STDERR] 標準入力, 出力, エラー出力にアタッチする
-d --detach = false バックグラウンドで実行
-i --interactive = false コンテナの標準入力を開く
-t --tty = false tty(ターミナルを開く)
--name {string} 作るコンテナの名前を指定する
--rm 実行後、コンテナを削除する
  • ネットワーク関連
オプション(略) オプション 内容
-p {ホストのポート番号}:{コンテナ内のポート番号} ホストとコンテナ内のポート番号の割り当て
--add-host = {ホスト名}:{ポート番号} コンテナ内の/etc/hotsに定義する

メモ

  1. スナップショット
    • コンテナ内で作業し、変更があったファイル群
    • centosとかだと/var/とかのフォルダをまとめてコピーした感じ。